都立高校と私立高校の学費の違いについて

都立高校と私立高校のどちらにしようか考えている場合、学費などの費用はどれくらい違うのかが気になるのではないでしょうか。家計を圧迫させないためにも、学費の安い都立高校に入って欲しいと考える方も多い傾向ですが、具体的にどれくらい違うのかを知ることが大切です。まず、都立高校でも私立高校でも受験をしなければ、入学することはできません。それぞれの受験料は、都立が2200円、私立が23440円となり、10倍ほどの差があることがわかります。

入学時には学費などの費用がどれくらいかかるかというと、都立では入学金や授業料、その他費用を合わせて230450円で、私立では1229665円です。このようにして見ると、私立は都立に比べて100万円ほど高くなっていますが、その理由は施設設備費や維持費がかかるからです。また入学金や授業料も都立に比べて高額になっています。さらに都立には、所得制限がありますが、授業料を免除することができる就学支援金制度があるので、さらに1年にかかる費用が安くなります。

私立にも授業料軽減助成金という制度があるので、授業料を免除できますが、施設設備費や維持費が高額なので、やはり都立と金額の差が出てしまう傾向です。2年生からの費用も、私立は都立に比べて3倍以上かかってしまいます。お互い就学支援金制度や授業料軽減助成金があるので、入学児同様授業料は免除されますが、やはり私立は維持費などの諸経費が高い傾向です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.