1年間で都立高校入試に向けた準備を進める手順

中学校に入学してからの最初に2年間は部活などで忙しく、実際には高校受験に向けて十分な準備が行えないことが多いです。したがって高校入試を制覇するためには、中学校3年生になった段階で計画的に受験勉強を進めることが重要です。特に都立高校の入試は科目が多くて出題範囲も広いので、効率的に学習できるプログラムを構築することが大きな課題です。塾と家庭学習を連動させると、予習と復習も十分に行って学力を高めることが可能です。

1年間で都立高校入試に向けて準備をするためには、まず最初に一人一人が実力を的確に把握することが重要です。学校の成績も参考になりますが、塾のテストの偏差値で客観的に評価するのが理想的です。また科目によって得意不得意があるので、一人一人の実情に合ったカリキュラムを考える必要があります。苦手な科目に手厚く時間配分をすると、都立高校の受験に向けて効率的に実力を高められます。

中学校3年生の生徒が受験勉強をするときには、家庭学習に加えて塾でも指導を受けるのが一般的です。学習塾には様々なタイプがありますが、短時間でも効率的に学習できるのは個別指導塾です。保護者の評判を参考にすると、初めてでも丁寧に指導してもらえる学習塾を選べます。都立高校入試では中学校で学んだ内容を幅広く出題されますが、3年生の内容の比率が高いのが実情です。

特に数学では二次関数や図形の証明問題の実力を高めると、効率よく得点を増やせるようになります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.